働き盛りの世代は死生観をどう考えているのだろうか。30代から40代のサラリーマンを対象に、自身の「死に際」についてアンケートを敢行した。

さっそく結果をみてみよう。

「ぽっくり逝きたい」が55.6%で過半数を占める。次いで、「自分自身で決めたい」が25.8%であった。「何としても長生きしたい」は9.1%と少数派だ。いったいどういうことだろう。人生を達観した、執着心のない人が多いということだろうか?

もう少し調査結果をみてみよう。遺産をどのくらい残すつもりか聞いた。

遺産?そんなもんないよ。

どのくらいの遺産を残せると思うか聞いたところ、0円が38.4%であった。死に際に資産がゼロということだ。なんとも悲しい結果ではないか。そりゃぽっくり逝きたくもなる。

残り61.6%(0円でない人)の平均は987万円であった。日本では給料が30年間あがらないなか、1,000万円程度は残そうと考えているようだ。ただし、相続税の心配はいらない。最低でも3,600万円は控除されるからだ。※控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

次に、終活についての意向を確認しよう。

「死に際」ってなに?

終活をいつ始めるつもりか聞いたところ、「まだ考えたことがない」が59.1%、「定年等の区切りで始める」が21.2%と、8割以上が終活には着手していないことが分かった。働き盛りの30~40代にとっては当然のことかもしれない。今を生きるのに精いっぱいなのだ。また、医療の発達した現代、この世代の死亡率は十分に低い。厚生労働省によると、30歳の死亡率は男性0.052%、女性0.032%、49歳で男性0.221%、女性0.136%だ。死に際など意識していないのが実態であろう。

令和4年簡易生命表の概況|厚生労働省

お父さんお母さん、終活しておいてください。

最後に、親の終活をどう思うか聞いたところ、「終活しておいて欲しい」が32.8%、「できれば終活しておいて欲しい」が42.4%と、終活を期待する声が75.2%にのぼった。リアリティーあふれる結果だ。いや、抜け目がないというか、ちゃっかりしているだけなのかもしれない。

調査概要
調査名称:葬式や遺産相続についてのアンケート
調査期間:2023年11月16日
調査対象:都市部(東京、愛知、大阪、福岡)に居住する、30~49歳で会社員の既婚男女
調査数 :198名
調査方法:Webアンケート

あわせて読みたい