30代から40代の働き盛りのサラリーマンに、葬式についての考えを聞いた。親の年齢はおおむね60代から70代になる。この年代の死亡率(令和4年。この年に何人死亡したか)は1.4%で、親は健在である割合のほうが多い。

令和4年(2022)人口動態統計月報年計(概数)の概況

親の葬式をどうしたいか聞いたところ、「一般的なものにしたい」が55.1%と過半数を占めた。次いで「経済的にしたい」が31.3%、「立派にしたい」はわずか4.0%であった。少し寂しい気がするが、これも世相であろうか。

さらに、自分の葬式をどうしたいか聞いたところ、「家族層」が60.6%と多くを占めた。一般葬、直送(火葬のみの葬式)はそれぞれ16.7%、14.1%と大きな差はなかった。つまり、30代から40代のサラリーマンにとって、葬式は荘厳に執り行うものではなく、家族でひっそりと追悼する場であり、大金を費やすものではない。しかし、親には親の人生があり、育ててもらった感謝もある。せめて一般的な形で執り行ってあげたい、といったところだろうか。

続いて、具体的な費用をどう考えているか確認しよう。

葬式にはお金をかけない

葬式にかける費用をどのように考えているかを聞いた。まず、一般的な葬式についての認識を聞いたところ、平均で102.6万円の回答であった。一般葬の相場としては妥当なところであろう。これに対し、「親の葬式にかけようと思う費用」は97.0万円、「自分の葬式にかけて欲しい費用」は60.0万円であった。

先のアンケート結果から考察したとおり、30代から40代のサラリーマンは葬式にお金をかけるつもりはなく、しかしながら、親は一般的な葬式で弔ってあげたいと考えていることが分かった。子育てやマイホームのローンなどで金銭的な余裕のない世代であり、儀式への費用負担は極力避けたいという思いと、親への感謝の思いの双方がみられる結果となった。

調査概要
調査名称:葬式や遺産相続についてのアンケート
調査期間:2023年11月16日
調査対象:都市部(東京、愛知、大阪、福岡)に居住する、30~49歳で会社員の既婚男女
調査数 :198名
調査方法:Webアンケート

あわせて読みたい