20歳から59歳のサラリーマンを対象に、運動するかどうかアンケートを実施した。運動不足は肥満や生活習慣病の原因の一つであるうえに、倦怠感や集中力の低下をまねく。運動をしない理由はないように思えるのだが実態はどうなのだろうか。

年代別にみると、運動する人(習慣にしている・たまに運動する)は20代が50.5%で年齢とともに少しずつ減り、50代では39.3%となる。逆に、運動しない人(まったく運動しない・ほとんど運動しない)は20代が49.5%で50代では60.7%であった。

思ったよりも運動する人は少ないようだ。デブ…、いや日本の肥満人口は相対的に少ないとはいえ(OECD Data)、今後もそうであるとは言い切れない。

Health risks – Overweight or obese population – OECD Data

運動する人は年収が高い?

次に、年収ごとの実態をみてみよう。以下のグラフの通り、はっきりと傾向がみられる。年収1,000万円以上は58.1%が運動する人であるのに対し、年収400万円以下は38.3%であった。さらに、運動を「習慣にしている」人は、それぞれ29.7%と15.4%で倍近い差がある。つまり、年収が高い人こそ運動の必要性とメリットを実感しているということだ。

運動は、仕事に対する意欲やパフォーマンスに影響しているのであろう。本稿を読んでくれた皆さんも、スマホやパソコンから離れて、軽い運動をしてみてはどうだろうか。もちろん私もそのつもりだ。ただし今日は寒いので日を改めることにしよう。

調査概要
調査名称:生活習慣についてのアンケート
調査期間:2024年3月14日
調査対象:都市部(東京、愛知、大阪、福岡)に居住する、20歳~59歳の会社員男女
調査数 :1,178名
調査方法:Webアンケート

あわせて読みたい