都市部(※)に居住する20歳から59歳のサラリーマンを対象に、飲酒や喫煙の習慣についてアンケート調査を実施した。
※東京、愛知、大阪、福岡

酒を「毎日飲む」「たまに読む」は、男性が53.9%、女性が41.0%であった。性・年齢別にみると、男性は20代から40代まで飲酒の習慣がほとんど変わらないが、50代で「毎日飲む」が10ポイントほど増えている。女性は年齢とともに少しずつ飲酒の割合が増え、50代でちょうど50%となる。50代女性の「毎日飲む」は17.8%で、男性の20~40代とほぼ同じだ。

「若者のアルコール離れ」といった現象はサラリーマンにはあてはまらず、おそらく、若者も上司や先輩、同僚とも楽しく街に繰り出しているのではないだろうか。

サラリーマンの喫煙率は?

タバコを「毎日吸う」「たまに吸う」は、男性が33.2%、女性が19.8%であった。昭和の時代、ほとんどの成人男性が所かまわず喫煙していた頃と比べると隔世の感がある。

男性は年代があがるほど、少しずつ喫煙率が増えるのに対し、女性は40代まで喫煙率が減少し、50代で大幅に増えている。女性の50代は、生活面や体調面で変わり目となる時期なのかもしれない。

次に、飲酒と喫煙の組み合わせをみてみよう。

酒とタバコと男と女

河島英五の名曲が脳裏に浮かんだであろう(知らない人は調べて。『酒と泪と男と女』)。というより、このタイトルにするために、以下のグラフを作成したといっても過言ではない。

ただし、グラフの中身はおふざけではない。はっきりと傾向を捉えることができる。習慣的な飲酒の度合いにともなって、喫煙の度合いも増減しているのだ。具体的には、男性で酒を毎日飲む人の47.6%は、タバコを毎日吸う。酒をまったく飲まない人の75.2%は、タバコもまったく吸わない。女性も同様の傾向だ。

さて、あなたはどう思っただろうか。読者自身の習慣(飲酒・喫煙)によって感想は異なるだろう。飲酒・喫煙は、健康を顧みない愚かな行為だと思うかもしれないし、大人にだけ許された嗜みが生活を豊かにすると思うかもしれない。まあ、いずれにしても自己責任である。それぞれが良いと思う方法で人生を謳歌すればよいだろう。

調査概要
調査名称:生活習慣についてのアンケート
調査期間:2024年3月14日
調査対象:都市部(東京、愛知、大阪、福岡)に居住する、20歳~59歳の会社員男女
調査数 :1,178名
調査方法:Webアンケート