20代から60代のサラリーマンを対象に、腰痛など腰の不調を感じることがあるか聞いたところ、男性の44.9%、女性の48.2%が何かしら不調を感じると回答した。男性は年代があがるごとに、腰の不調を訴える声が大きくなる。20代が31.2%であるのに対し、60代では57.4%と倍近くになる。女性は年代にともなう変化は見られない。

続いて、足腰の不調もみてみよう。

足腰のつらさは年齢とともに

階段がつらいなど、足腰の不調を感じることがあるか聞いたところ、男性の26.5%、女性の30.0%が何かしら不調を感じると回答した。足腰の不調は、男女とも年代があがるにつれて割合が多くなる。特に、50代、60代で急激に増加している。

腰の不調はもちろんつらいが、足腰の不調は外出する意欲をくじくので、より深刻であろう。QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)が低下するのは避けられない。

腰の悪い人は、足腰も弱る

腰と足腰の不調はどのような関係にあるのだろうか。相関が強いであろうことは想像に難くないが、実際にかけ合わせて集計したところ予想どおりの結果となった。腰に不調がない人の92.9%は足腰に不調がなく、腰の不調度合いが強いほど足腰に不調を感じる人の割合も増えていく。

年をとってもアクティブな人生を送るには、足腰を衰えさせないことが大事。そのためには腰の不調を放置せず、若いうちから対策した方が良いだろう。姿勢を正し、まめにストレッチするなど自分でできることも多い。先輩たちの声を是非参考にしていただきたい。

調査概要
調査名称:体の不調についてのアンケート
調査期間:2024年1月16日
調査対象:都市部(東京、愛知、大阪、福岡)に居住する、20~69歳の会社員男女
調査数 :683名
調査方法:Webアンケート

あわせて読みたい